Chromeでパスワードが保存できない原因と対策

Chromeでは一度入力したIDやパスワードを保存してクラウド上で保存することができます。が、保存できないサイトの原因は?対策などを紹介します。

home HOME about About this site Mail Mail

Chromeでパスワードが保存できない原因と対策

Last update 2019-10-18 17:07

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

Chromeでは一度入力したIDやパスワードを保存する機能があります。保存したIDとパスワードは、クラウド上に保存されスマホや他のパソコンでも使用することができます。また、自動でIDとパスワードを入力してくれるので、活用している人も多いかと思います。ところがまれにパスワードが保存できないサイトやドメインがあります。
今回はこのようなパスワードが保存できない場合の原因と対処法や、複数のGoogleアカウントのIDとパスワードを1つのGoogleアカウントに登録する方法などを紹介します。

Sponsored Link

 

目次

Chromeでパスワードが保存できない原因と対策

シークレットモードでは保存できない

シークレットモードパソコン、スマホ共に「シークレットモード」で入力したID・パスワードは保存することができません。

鍵のアイコンをクリック

パスワードを保存しますか新しいID・パスワードの送信をChromeが検知すると、このように「パスワードを保存しますか?」という確認画面がURL入力欄の右側に表示されます。が、まれに表示されない場合があります。

パスワードを変更するそんな時はURL入力欄の右の鍵のアイコンをクリックしてみてください。
保存するかどうかの確認画面が表示されるはずです。

不承認のサイト・アプリに登録されている

何度送信してもIDとパスワードが保存できない!という場合は、「不承認のサイト・アプリ」に登録されているかもしれません。不承認のサイト・アプリに登録されているかどうかの確認および削除は以下。

パスワードマネージャGoogleアカウントのパスワードマネージャーを開きます。

「ログイン」をクリック(もしくはタップ)します。

メールアドレスを入力し次へGoogleアカウントのID(メールアドレス)を入力し、②「次へ」をタップ。

パスワードを入力パスワードを入力します。

2段階認証プロセス2段階認証を設定している人は、スマホなどで認証をします。

ダイアルをクリックパスワードマネージャーにログインしたら、右上のダイアルをクリックします。

不承認のサイト・アプリ「〇件の不承認のサイト・アプリ」が表示されるので、ここに保存できないサイトのドメインが登録されていないか確認してください。

ちなみになぜこのリストにドメインが登録されているかというと・・・・

不承認のサイトに登録される理由

セキュリティコード例えば銀行などのサイトでは、振り込みなどをするときにパスワードとは別の振り込み用の確認パスワードなどが求められたり、2段階認証用のセキュリティコードを入力すると、まれに・・・

使用しないをクリックこんな感じで保存するか聞いてきます。この時に「使用しない」をクリックすると、先ほどの「不承認のサイト・アプリ」に登録されてしまいます。

不承認のサイト・アプリに登録されているドメインを削除する

バツ印をクリック「不承認のサイト・アプリ」に登録されているドメインを削除するには、削除したいドメインの右側にあるバツ印をクリック(もしくはタップ)するだけです。

複数のGoogleアカウントを登録する

Chromeで保存したIDとパスワードは、Chromeにログインしているgoogle アカウントに結び付けられてネット上に保存されます。が、1つのGoogleアカウントに複数のGoogleアカウントのIDとパスワードを保存することもできます。

Googleアカウントのアイコンをクリックまずはログアウトします。Googleアカウントのログアウトは、Googleのページの右上にある自分のアイコンをクリックします。

ログアウトをクリック「ログアウト」をクリックします。

Continueもしくは続けるをクリックログアウトが完了したら、「Continue」をクリックします。

ログインをクリック「ログイン」をクリックします。
この時パスワードの動機も

別のアカウントを使用をクリック今までログインしていたGoogleアカウントのリストが表示されますが、「別のアカウントを使用」をクリックします。

メールアドレスを入力し次へあとは別のGoogleアカウントでログインします。

パスワードを変更するパスワードを保存するか聞いてくるので、「保存」をクリックします。
これを登録したいGoogleアカウントの数だけ繰り返します。
最終的にメインで使っているGoogleアカウントでログインします。これで複数のGoogleアカウントのIDとパスワードを1つのGoogleアカウントに保存することができました。

保存したパスワードが呼び出せない?

すべて消す複数のアカウントを登録している場合、1つしか候補が出ない場合があります。この場合は入力されているIDもしくはパスワードを削除すると複数のアカウント情報が表示されます。

スマートフォンで保存する

Google ChromeパソコンのChromeで保存したIDとパスワードはスマホでも使用することができます。

スマートフォンのChromeで保存スマホでパスワードを保存する場合は、このように画面の下に表示され、「保存」をタップすればOK。ここで保存したパスワードはパソコンでも使えるようになります。

iPhoneのChromeでも使える?

iPhoneのChromeの場合もちろんChromeで保存したIDとパスワードは、iPhoneでも使用できます。ただし、Google Chrmeアプリのインストールと保存したアカウントでのログインが必要。

こちらの画像はiPhoneのChromeでソフトバンクのサイトにログインしようとしているところ。上の鍵のアイコンはChromeに保存されているパスワード。その右隣のカードのようなアイコンはChromeに保存されているクレジットカードのデータ。
キーボードのところにある鍵のアイコンは、iCloudキーチェーンというAppleのパスワード保存サービス。

関連ページ

最終更新日 2019-10-18 17:07

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

投稿日:2019-10-19 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

カテゴリー

同じカテゴリーの記事