家電・生活用品レビュー

家電や生活用品、特に掃除用品や日用品を実際に購入して、感想・レビューを乗せています。掃除嫌いだった私も、だんだんと部屋が片づいてきました!

Home  About this site  Mail 

家電レビューイメージ

当サイトでは、私が購入した家電や生活用品、また掃除、アトピー対策を豊富な画像や動画で紹介しています。
特に3ヶ月に1度、掃除機をかける程度の掃除嫌いだった私が、こまめに掃除をするようになったいきさつ。それから、それによって足のかゆみがなくなったこと。等々、同じように掃除嫌いやかゆみで悩んでいる人には役に立ちそうな記事も書いています。

家電は暖房、冷房の補助的な節電用アイテムを紹介しています。
電気代を節約したい方は参考にしてください。
電気を使わない製品も多数紹介しています。

 

新型コロナ予防接種をネット予約してみた

新型コロナ予防接種の予約が開始されたので、さっそくネットで予約を申し込んでみました。とても簡単でしたが、各自治体によってネット対応していなかったり

先日、「新型コロナワクチン接種」のお知らせが市から届きました。うちの両親は86歳なので、「高齢者優先接種85歳以上の方用」に適用するらしく、4月の半ばには届いたようです。
ただし予約開始は5月10日から。
父親が電話で予約すると言い出したので、ネットの方がはやいからと私が予約することになりました。

ネットで予約できる自治体は限られている

私の両親が住んでいる「市」は、ありがたいことに電話予約だけでなく、ネット予約も対応していました。が、隣町など周辺の市町村を調べてみると、ほとんどが電話予約のみっぽい。しかも予約殺到でほとんどが締め切り状態。
半年以上も前から予防接種の実現がわかっていたのに、このように自治体によって差があるのは残念です。あんな予約システム、簡単に作れるだろうに。。。

新型コロナ予防接種 ネット予約の手順

私の両親の住んでいる自治体ではネット予約は以下のような手順でした。すごく簡単。5分もかからないです。

券番号「新型コロナワクチン接種」のお知らせには、このような「接種券」が同封されているので、ここに記載されている「券番号」を手元に用意しておきます。

10桁の番号と生年月日を入力お知らせに記載されているバーコードを読み込み、予約ページを表示させます。各自治体によってページのURLは違うので注意。

①に先ほどの「券番号」を入力し、②に該当者の西暦年月日を入力します。

③の「ログイン」をタップ。

接種予約するをタップ「接種予約する」をタップします。

1回目をタップ今回は1回目なので、「1回目」をタップします。

希望のワクチンを選択ワクチンの種類を選択します。が、「ファイザー」しか選択できないようです。「ファイザー」をタップします。

接種会場を選択接種会場を選択します。「保健福祉センター」を選択すると、最短で打てるっぽいのですが、一番近所の公民館を選択しました。

希望の日付を選択すると日付選択画面が表示されました。

土日しか選択できないん?土日しか選択できない?と思ったのですが、近所の公民館で予防接種が出来るのはこの二日間だけっぽい。

時間を選択時刻を選択します。

氏名と電話番号を入力①氏名と②電話番号を入力し、③の「確認画面へ」をタップ。

入力内容を確認こんな感じで入力した内容が表示されるので、「送信」をタップ。

1回目予約を確認コロナワクチン接種のお申し込みが完了しました。
「1回目予約を確認/キャンセル」をタップしてみます。

1回目接種の予約内容無事、予約できたようです。超簡単。

当日の持ち物当日は先ほどの「接種券」と「予診票」、そして本人確認書類を持っていく必要がありそうです。保険証でいいでしょう。

新型コロナワクチン接種の予診票お知らせにはこのような「」新型コロナワクチン接種の予診票」が同封されているので、記入しておきます。

関連ページ

VISAの本人認証サービス 3Dセキュアを有効にする

povoに申し込もうとしたら、本人認証サービスに対応したクレジットカードでないと支払いに設定できません。そこで本人認証サービスを有効にしてみました。

ご利用いただいたクレジットカードは本人認証サービスにauの格安料金プラン、「povo(ポヴォ)」に新規として申し込んだのですが、支払い方法に所有しているクレカを入力したところ、「ご利用いただいたクレジットカードは、本人認証サービスに登録されていないカードの為、ご注文を完了することが出来ませんでした」と表示されてそれより先に進めません。
他のカードを入力しても同じようにエラー。
どうも支払い時に設定したパスワードを入力する、本人認証サービスをオンにしないといけないらしい。というわけで、今回はいくつかのVISAの本人認証サービスを有効にしてみました。

目次

本人認証サービスを有効にする

本人認証サービスは3Dセキュアとも呼ばれ、VISA、Mastercard、JCB、AMEXなどクレジットカードの各ブランドで使うことが出来ます。が、デフォルトでは有効にはないっていないようで、いくつか有効にする方法を紹介します。

3Dセキュアとは

本人認証サービスは3Dセキュアとも呼ばれていますが、オンラインで買い物をする場合、支払い時にクレジットカードを使用する場合、一般的には「クレジットカード番号」「有効期限日」「「セキュリティコード(CVV)」を入力すれば支払いが出来ますが、「3Dセキュア」をオンにしておくと、さらに設定したパスワード、もしくはワンタイムパスワードを入力することで不正使用を防ぐ機能です。

以前、私は何度かクレジットカードを不正に使用されたことがあるのと、今回povoを申し込もうとしたら、本人認証サービスを有効にしていないと使用できないというので、いくつかのカードを有効にしてみました。

イオンカードの3Dセキュアを有効にする

まずはイオンカード。3Dセキュアを有効にすることによってpovoの支払い方法として指定できました。

イオンカードのセキュリティを開くまずはイオンカードのページを開き、サインインします。

続いて「セキュリティ」のページを開きます。

本人認証サービス 3Dセキュア「本人認証サービス(3Dセキュア」という項目があるのでここをタップ。

2つの本人認証サービス3Dセキュアには2つのパスワード方式があって、専用のアプリをインストールし、60秒ごとに変わるパスワードを入力する方式と、設定した固定のパスワードを入力する「固定パスワード」方式。

今回はセキュリティレベルは落ちますが、めんどくさくない「固定パスワード」を選択したいと思います。
「本人認証サービス設定へ」をタップ。

ご案内本人認証サービスの説明が表示されるので、目を通して下にスクロール。

本人認証サービスご利用状況本人認証サービスを指定したいカードが表示されるので、さらに下にスクロールします。

ワンタイムパスワードか固定パスワード「ワンタイムパスワード」にするか「固定パスワード」にするか選択します。

登録するカードを選択本人認証サービスを有効にするクレジットカードにチェックを入れ、

上記内容に同意する「規約・同意時効」が表示されるので、目を通したら①「上記内容に同意する」にチェックを入れ、②「次へ進む」をタップ。

本人認証サービス用パスワードの設定固定パスワードを決めます。
半角英数字・記号(#$+-./:=?@[]^_|)が使え、8桁以上20桁以内となります。
このパスワードを忘れてしまうと支払いができなくなるので、必ずメモしておいてください。

なお、パーソナルメッセージも設定できます。

確定をタップ入力内容が表示されるのでこれでよければ、「確定」をタップします。

お申し込み完了イオンカードの本人認証サービスが有効になりました。

auのpovoでも使えたと、auの格安料金プラン「povo」の支払い方法として設定できました。

ソフトバンクカードの3Dセキュアを有効にする

ソフトバンクカードはプリペイド方式(あらかじめお金をチャージしておき、その金額内で使用できる前払い方式)なのですが、こちらも3Dセキュアを設定できるようです。

メニューをタップソフトバンクカードの設定をするには、マイソフトバンクにサインインします。

「メニュー」の部分をタップします。

カードをタップ「カード」をタップ。

ご登録情報をタップ「ご登録情報」をタップします。

下にスクロール下にスクロールします。

カード機能設定「カード機能設定」という項目があるので、ここをタップします。

認証コードが届いたソフトバンクの電話番号に3桁の確認コードが届きます。

認証コードを入力する画面に届いた確認コードを入力し、②「次に進む」をタップ。

3Dセキュア設定「カード機能設定」の中に「3Dセキュア設定」があるので、「登録する」をタップ。

3Dセキュアパスワードを決める3Dセキュアのパスワードを決めます。
ソフトバンクカード場合、半角英数字8~12桁のようです。

登録するをタップ「登録する」をタップします。

認証コードを再び入力再びSMSで3桁の認証コードが届くので、入力し、②「次に進む」をタップ。

3Dセキュア登録確認「登録する」をタップします。

ソフトバンクカードの3Dセキュア登録完了ソフトバンクカードの3Dセキュアが有効になりました。

Chromeの文字入力中の下線が表示されない原因が解決!

長らくChromeではバージョンアップの旅に日本語入力中、変換の文節の区切りを示す下線が表示されないバグがありましたが、原因と解決策がわかりました。

もう何年も前からChromeがアップデートするたびに、入力中の日本語変換中に表示されるはずの文節の区切りを示す、下線が表示されないバグ。ずっと解決できないでいたのですが、ようやく原因が判明!同じように困っている人は参考にしてください。

カテゴリー

最新の記事