掃除したくなるコツ ゴミ箱

私の掃除嫌いをなくす第一歩は、ゴミ箱を変えることでした。今は、ゴミの仕分けが厳しくなりましたが、ゴミ箱をゴミの種類ごとにわけるだけではなく、ゴミ箱を大きく

 
 

Home  About this site  BBS  Mail  Link

 
 

掃除したくなるコツ ゴミ箱

 

 

Last update 2011/09/04 13:15

私は、40年近く掃除嫌いだったんですけれど、ようやく掃除好き・・・というか、掃除はきらいなんですけれど、掃除しないといられない。とか、部屋を片づける癖がつくようになってきました。
その第一歩が、ゴミ箱です。

ゴミ箱を大きく

まず掃除嫌いな人は、掃除がきらいなだけでなく、ゴミ出しもきらいです。
なのでゴミ出しの回数を減らすために、ゴミ箱を大きいものにしました。
これによって週1回のゴミ出しが、場合によっては1ヶ月に1回になります。

また、大きくすることによって、ゴミを入れやすくなる効果もあります。
ゴミ箱にむけてポ~ンとゴミを投げたら、入らず床に落ちてそのまま・・・・なんてことありますよね。
それを防ぐことが出来ます。
これ、掃除嫌いの人には効果大。

燃えるゴミ用のゴミ箱左は燃えるゴミ用のゴミ箱。
パール金属 アベル 角型 ランドリーバスケット ホワイト
燃えるゴミは最も量が多くなるので、このように70リットルのゴミ袋がセットできるものにしました。
また、このようなおしゃれなものにすることによって、ゴミを捨てることに抵抗がなくなる効果もあります。

この折りたたみ式のゴミ箱は、ゴミ袋もセットしやすく、プラスチック製のものに比べ軽いので、移動も楽なのでおすすめです。

デメリットは、大きいので場所をとってしまうこと。
でも、これは我慢するしかないですね。
場所をとるか、ゴミ出しのめんどくささをなくすか・・・・を性格で選ぶ方がいいみたいです。
私は後者をとりました。でも、それが正解だったみたいです。

資源ゴミの紙用こちらは資源ゴミ(紙)用のゴミ箱です。
やはり70リットルのゴミ袋がセットできるタイプですが、紙は意外と重くなるので、あまり紙のゴミがない人は40リットルタイプの大きさでもいいかも。

プラスチック用のゴミ箱ちょっと失敗したかな。と思うのがこれ。
プラスチック用のゴミ箱。
でも、カップラーメンの容器など意外とゴミとしては、最もかさばるので、70リットルのゴミ袋がセットできるものにすればよかったかも。
写真は、40リットルタイプ。
蓋付ですが、ない方がいいです。(いちいち開けるのがめんどくさくなる)

あと、プラスチックのゴミは、それほど重くないので70リットルタイプでもいいと思います。

ペットボトルと不燃ゴミ用あとは、ペットボトル用と不燃ゴミ用のゴミ箱。
私はあんまりペットボトルのジュースを買わないので、意外とペットボトルのゴミは多くないので、40リットルタイプで十分でした。
不燃ゴミも、意外と出ないので、こんな小さなタイプでもOKです。

ペットボトルと空き缶は、空き缶つぶし器をつかってるので、それほどかさばらないっていうのもありますが。

足下の近くに置く

ゴミ箱を大きくしただけでは、ゴミ出しの回数を減らせるだけしかないので、最もよくゴミが出る「資源ゴミ(紙)」と「燃えるゴミ」、そして「プラスチック」のゴミ箱は足下に置く!!!
これが部屋をゴミで散らかさないコツの大きな一歩です。
これは効果抜群で、机の横や椅子の横にゴミ箱を置くと、ゴミで床を散らかすことがありません。

掃除嫌いや片づけが苦手という、私と同じタイプの人は、こういう事から改良していくと効果抜群かもしれません。