ダンボールの縛り方

ダンボールのヒモの縛り方を紹介します。アマゾンで色々購入するので、頻繁にダンボールを捨てる機会があるのですが、ゆるまないで簡単に縛れる方法を紹介します。

ダンボールの縛り方

 

Last update 2015-05-17 17:10

 

以前、雑誌のゴミ捨ての時に役立つ、簡単に雑誌を縛る方法を紹介しましたが、今回はさらに発展させた1発で縛れるダンボールの縛り方を紹介します。

Sponsored Link

 

広がったダンボール普通、ダンボールを捨てるにはそれぞれ大きさを揃えて、ヒモを結びやすくしなければなりませんが、このように折りたたんだだけでも・・・

きつくしばったダンボールこのように1回で、きつく縛ることが出来ました。

以前紹介した方法は、たまたま雑誌や本を自炊したあとに捨てようとひもで縛っている時に偶然見つけた方法でした。が、その後、調べてみると伊藤家の食卓で似たような原理で縛っている方法を放送していたことを知りました。
ところが伊東家の食卓のやり方は、少し覚えるのがめんどくさい。なのでもっと覚えやすくて簡単に出来る方法を考えてみました。

弛まない!

ダンボールを縛るときに一番厄介なのが、それぞれ大きさが違うダンボールを縛ろうとすると、縛る途中で緩んでいくことです。
縦と横、それぞれを縛ろうとすると、作業していくうちにどんどん緩んでいくんです。
しかもきちんと縛り終えたと思ったら、徐々に緩んでいく経験はだれにでもあるでしょう。
今回紹介する方法は、引っ張ると締め付けられるが、ゆるまない究極的な縛り方です。

ダンボールをひもで縛る

ちょうどいい長さでひもを切る

横方向の2倍の長さ使用するひもは、100均で売っているようなやすいビニール紐。動画で使用しているようなひもが一番うまくいきます。
まずは横(短い方向)方向の2倍の長さをひもで測ります。

縦方向の2倍の長さ続いて縦(長い方向)方向も2倍の長さになるようにひもで測ります。

余分に切る縦横の長さの2倍の長さをひもで測ったら、プラス20センチぐらいの位置でひもを切ります。

つまり、横方向 x 2 + 縦方向 x 2 + 20センチの長さのビニールひもを用意します。

十字に交差させるまずは、ダンボールの裏に横方向にひもを通し、左右同じ長さになるように調節します。
で、ダンボールの中心部で十字になるように交差させます。

裏側横方向から縦方向になるように十字に交差させたら、そのまま縦方向に引っ張ります。

裏返すクルッとダンボールを裏返します。

ヒモの下に通す片方のヒモの端を横方向のヒモの下に通します。

左右のヒモの端を通すもう片方の端も下からくぐらせ、引っ張ります。

結ぶそのまま左右の紐を結びます。

摩擦でほどけないぎゅっとひもを引っ張ると、ひも全体がダンボールに食い込むように締まっていきます。
が、手を離してもゆるみません。

左右に引っ張るとほどけるこの状態ならば、裏から回りこませたひもを縦方向に引っ張れば、ゆるめてやり直すことが出来ます。

固結び引っ張れば引っ張るほどきつく締まるのですが、この状態だと振動などを与えると徐々に緩んでくるので、もう一度結んで固結びにします。

ワッカを作るあとはあまったひもでワッカを作れば完成。

前回紹介したやり方は、横方向、縦方向と2回別々に縛っていましたが、今回のやり方だと1回で縦と横を縛ることが出来ます。
詳しい原理はよくわからないのですが、ビニールひもというとたいてい摩擦力が少なく、手を離すと緩んでしまいます。
ところが、一度ひもをフック状に絡めてやると、摩擦力が強くなり手を離しても緩みにくくなるようです。

まとめ

アマゾンで買物をすることが多く、頻繁にダンボールを捨てなければならないのですが、このやり方で縛るようになってから、それほど苦痛ではなくなりました。
ダンボール以外にも、新聞紙や雑誌などでも応用できるので試してみてください。

関連ページ

最終更新日 2015-05-17 17:10

 

Sponsord Link

 

 

投稿日:2015-05-07 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理