車のバッテリー上がりを防ぐ充電ソーラーパネルチャージャーの取り付け

車のバッテリーを充電・バッテリー上がりを防ぐ、太陽光で発電するソーラーバッテリーチャージャーを取り付けてみました。8年が経過したバッテリーも

home HOME about About this site Mail Mail

車のバッテリー上がりを防ぐ充電ソーラーパネルチャージャーの取り付け

Last update 2019-07-02 23:15

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

私は普段、自転車かバイクで出勤・移動しているのでほとんど車に乗りません。どれくらいのらないかというと、平成23年7月初期登録した車ですが、平成31年3月(約8年経過)した状態で、まだ走行距離が20,078㎞です。
もっと言えば平成25年8月から平成31年3月までで、7万キロ(ジャスト)しか走行してません。
バッテリーは新車時から一度も交換したことがありませんが、今でも一発でエンジンがかかる状態です。
その理由の一つが、4年前に取り付けたソーラーバッテリーチャージャーのおかげだと思います。
今回は私のように週に1度乗るかどうかの使用頻度で車のバッテリー上がりが不安な人のために、太陽光で充電するソーラーバッテリーチャージャーの取り付けを紹介します。

Sponsored Link

 

目次

ソーラーパネルチャージャーは効果あるか

たぶん、一番気になるのがソーラーパネルチャージャーが実際に効果があるのか、だと思います。これも私が保証します!というのも、前回の車検(6年目の車検)で車屋に出したときに、バッテリーの健康状態を見てもらったのですが、「問題ないですよ!」とのことでした。
普通、バッテリーは2~5年と言われていますが、私の場合ほぼ運転しないので、寿命は短いはず!ですが、8年目の今でもバッテリーのトラブルは一切なし。

バッテリーの正常状態とは?

12.5vバッテリーが寿命かどうかの判断として、電圧計でバッテリーの電圧(ボルト)を計測し、12ボルト以下であれば要交換と言われています。が、私の場合8年目でもまだ12.5V以上を維持しています。基本的には12.5~13Vでおさまっていれば大丈夫と言われています。

初度検査年月初年度登録年月が平成25年7月(2011年7月)で・・・

20078㎞走行距離は今でも20,078㎞。
バッテリーは一度も交換したことがないのですが、約8年が経過した今でもエンジンは一発でかかる状態。
特に2013年から2019年まではわずか7,000キロしか走っていない状態。

エンジンをかけた状態で計測しない

車はエンジンをかけると発電機(ダイナモ)が発電し始めます。よくエンジンをかけた状態で電圧を測って14vだとか言っている人がいますが、エンジンをかけた状態だと発電機で発生した電圧を測定しているだけなので、必ずバッテリーの電圧を測定するときは、エンジンを切り、ACC(アクセサリーポジション:イグニッションキーを一個回した状態。パネルに各種ランプが点灯した状態)で測定してください。
プッシュボタン式の場合は、ブレーキを踏まずにボタンを一度(もしくは2度)押した状態で計測してください。

ソーラーパネルチャージャーの取り付け

ソーラーパネルチャージャー

アマゾンでいろいろ探したのですが、意外とソーラーパネルでバッテリーを充電する製品はあまりありません。あったとしてもバッテリーに直に繋げるものが多く(それでも可能ですが)ヒューズ経由で設置が可能な製品を探しました。

ソーラーパネルこちらが購入したソーラーパネル
最大出力電流:125mA
最大出力:1.8W

他にもソーラーパネルは売ってはいるものの、出力が弱く(動作電流72mA)とても頼りない気がしたので、少々高価ですが思い切って購入(2015年)。
ソーラーパネルを設置してから4年が経過しました。

ケーブル一式ケーブルです。
①ヒューズ
②ヒューズ型の差し込み端子
③ソーラーパネルとつなげるコネクタ
④車のアース(もしくはボディのナット)へ取り付ける

ヒューズは2種類の大きさのもが入っていました。

コネクターケーブルとケーブルを接続するコネクタ部。

アースへケーブルはプラスとマイナスの二股に分かれているのですが、一方はボディーに接続します。

ダッシュボードにソーラーパネルを乗せるヒューズも用意されていて、交換が可能です。

ヒューズの大きさ自動車のヒューズボックスに取り付ける端子。
2つの大きさのヒューズ型の端子が用意されていました。

ヒューズを交換できる引っ張るとケーブルが外れるので、大きさを車のヒューズに合わせて交換可能です。

内装パネルを外す

内装パネルを外す設置した時にケーブルを隠すためにヒューズボックス付近のパネルを外しておきます。

ピンの中心部を押す内装パネルはピンでとめてあるのですが、ピンの中心部をとがったもので押し込み、

パネルを引っ張るパネルを引っ張るとネジが外れます。

パネルを外したところパネルが外れました。

ヒューズでバッテリーをつなぐ

ヒューズボックス私の車(MRワゴン)のヒューズボックス。
アクセルの右側にありました。

取扱説明書私は車内灯(たいてい「DOME」)を使用しましたが、「ハザード(HAZ)」でもいいと思います。

各ヒューズボックスの配置などは取扱説明書をご覧ください。

ラジオペンチでヒューズを抜くラジオペンチ等でヒューズを抜きます。

ヒューズを差し込む抜いた場所にソーラーパネルに製品のヒューズ付きケーブルを差し込みます。

ケーブルが上になるようにこのときケーブルが上になるように差し込みます。

アースのナットを緩めるもう一方のケーブルの端をアースに接続します。
ボディーに接触しているナットを探して取り付けます。

アースにプラス端子を取り付けるこのときケーブルの先端がボディの金属部に接触していることを確認してください。

邪魔なケーブルを隠す

ケーブルがむき出しケーブルがだいぶ余ってしまいました。

配線をまとめる余ったケーブルをまとめてパネル内に隠しておきます。結束バンドなどがあると便利。

パネルを取り付けるパネルをもとに戻します。

ピンをとめるパネルを固定するピンは、中央を押し出した状態で差し込みます。

パネルにケーブルを隠すサイドはパネルを外さずにケーブルを隠すことが出来ました。

ケーブルがすっきり隠れたうまくケーブルを隠すことが出来ました。

ソーラーパネルの設置

ダッシュボードにソーラーパネルを乗せるパネルを設置します。
固定するのがベストですが、私の場合はそれほど車を運転しないので滑り止め用のマットを敷いてその上に載せただけ。(笑)

ケーブルをつなげるパネルから伸びたケーブルとヒューズに取り付けたケーブルを接続して完了です。

ダッシュボードに設置したソーラーパネル私が購入した製品はフレームが黒なのでフロントガラスに反射しにくいので、運転時視界が遮られることもありません。

発電中充電中はLEDライトが点滅するのですが、明け方雨上がりの暗い光でも充電しているようです。

まとめ

以前、クロスバイクにハマったときは車もバイクもほとんど乗ることはなくなったのですが、2年放置したらバイクの方はバッテリーが完全にあがってしまいました。が、車の方はソーラーパネルで充電し続けていたせいか、まったく問題なし。ただし、バッテリーを充電すると言うよりは現状維持を保ちつづけるという感じなので、弱くなったバッテリーを復活させたり、充電して容量を増やすようなことは出来ないようです。なので充電目的ではほぼ期待できないので注意。

関連ページ

最終更新日 2019-07-02 23:15

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

投稿日:2019-03-16 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

カテゴリー

同じカテゴリーの記事