キーレスの電池交換と電池がきれた時のエンジンの始動方法

キーレスエントリーのリモコンの電池がきれた時のエンジンのかけ方と、電池の交換方法を紹介します。リモコンに格納されているキーを使ってドアロックを解除します。

キーレスの電池交換と電池がきれた時のエンジンの始動方法

 

Last update 2016-07-04 20:37

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

2013年にしてはじめてキーレスエントリーの車に買い換えました。(笑)それまでドアのロックもキーでひねる車種だったんです。
中古で購入したので、使い方の説明も受けていないし、キーレスのリモコンも1つだけしかなくて、いろいろな疑問が浮かんできたので、ネットで調べて実践。
今回はその1つ、キーレスエントリーの電池がなくなった場合のエンジンのかけ方と、リモコンの電池交換方法を紹介します。
紹介する方法は、スズキのMRワゴンのものですが、最近の殆どの車は同じような方法でできるようです。

Sponsored Link

 

キーレスの電池残量警告

スマートキーの電池残量警告スマートキーやキーレスエントリーの電池がなくなってくると、パネルに警告がでます。

キーレスのリモコンの電池交換方法

キーを取り出す

ロック解除レバーをスライド実際に購入するまで知らなかったのですが、キーレスのリモコンには必ず、リモコンでドアのロックが解除できなくなった時のためのキーが格納されてます。
ロック解除レバーがあるので、爪でスライドさせます。

格納されているキーを取り出す格納してあるキーを引っ張ると取り出すことが出来ます。
まずは電池を交換する前に、このリモコンに格納してあるキーを取り外します。

リモコンの分解

リモコンのすき間キーを取り外すと、ドライバーを差し込むぐらいの隙間があることがわかります。

マイナスドライバーをひねるこのすき間にドライバーを差し込み、ひねるように回すとリモコンを分解することが出来ます。

電池の交換

ドライバーで電池を取り出す同じくドライバーで電池とリモコンのすき間に差し込んで、ひねると電池を取り出すことが出来ます。

CR2032電池はボタン型電池の「CR2032」という電池です。
100円ショップで売られている「CR2025」という電池でも使えます。
CR2032とCR2025との違いは、厚み(CR2032は3.2mm。CR2025は2.5mm)と容量(CR2032は220mAh。CR2025は165mAh)なので、使えることは使えます。
ただ、容量が少ないのですぐに無くなる可能性があるのと、薄いのでリモコン内でカタカタいう可能性が高いです。

新しい電池をセットあとは新しい電池をセットして、ケースを組み立てれば完成です。

キーレスの電池がきれた場合のエンジンのかけ方

今度はキーレスエントリーのリモコンが切れた場合のドアのロックの解除の仕方と、エンジンのかけ方(スマートキータイプ)を紹介します。
私のMRワゴンのように、キーレスエントリーでさらにプッシュエンジンスターター(スマートキー。ボタンでエンジンを掛ける車種)の場合、リモコンの電池がきれた場合、どのようにエンジンをかけたらいいのでしょう?

リクエストスイッチ

リクエストスイッチキーレスのリモコンの電池が切れると、当然「リクエストスイッチ」(キーレスのリモコンを持っていれば、ドアのボタンでロックの解除ができる)を押すと、ドアのロックの解除と施錠ができるのですが、これができなくなります。

電池がない状態でリモコン操作当然リモコンでのドアのロックの解除もできなくなります。

鍵でドアのロックを解除する先ほど紹介したように、リモコンには物理的なキーが格納されているので、取り出し、鍵穴に差し込みドアロックを解除します。

カーアラーム

MRワゴンには盗難防止用として、キーレスのリモコンやリクエストスイッチ意外の方法(鍵でドアロックを解除した場合など)でドアロックを解除すると、カーアラームがセットされ、20秒以内にプッシュエンジンスターターを押さないと、クラクションが鳴り響いてしまいます。
そのため、リモコンの電池がきれて鍵を開けた場合は、素早く行う必要があります。

電池がきれてもエンジンを掛けることができる!

リモコンでプッシュエンジンスターターを押すリモコンの電池がきれても、エンジンを掛けることが出来ます。
方法は簡単。リモコンでプッシュエンジンスターターのボタンを押すだけ。
厳密にはリモコンを近くに置いて、ボタンを押してもかけることが出来ます。
スズキや日産の車は、このようにリモコンでボタンを押すんですけれど、トヨタなんかはボタンのところにリモコンを当てるだけ、って感じらしいです。
いずれにしろ、電池がなくてもリモコンを近くに押し当てると、リモコンを認識してエンジンを掛けることが出来ます。

ただし、さすがにキーレスのリモコンがなくなった場合は、スマートキータイプの車種はエンジンを掛けることができなくなるので、リモコンの取り扱いには注意してくださいね。
意外とリモコンをなくす人が多いらしい・・・。

ワイヤーで無くさないようにちなみに私は、キーレスのリモコンにこのようなチェーンというか、ワイヤーをつけてボタンのベルトを通す部分に引っ掛けています。
注意しなければならない点として、100円ショップなどでもこうしたチェーンやワイヤーは売っていますが、切れやすいので、ちょっと高くても本格的なものを購入した方がいいかもしれません。

関連ページ

最終更新日 2016-07-04 20:37

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

【 おばば 】 2015/09/18 18:15

AZワゴンのキーをこちらを参考に交換しました。65歳ですがどうにかできました。有難うございました。

 

【 困ったちゃん 】 2016/01/17 08:59

ありがとうございました。ディーラーのマニュアルより、はるかに親切でわかりやすくて助かりました。感謝

 

【 アイマイ 】 2016/02/24 12:59

これを参考に、実際にやってみました。
「キーレスの電池残量警告」って
初めて説明書を見ました。
とてもわかりやすかったので、今から電池を買いに行きます。
どうもありがとうございました。
【日産モコ】

 

 

投稿日:2013-09-04 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理