虫よけ 効果が長持ちするのはディートの濃度

虫よけというと、どれも同じと思っていましたが、ディートと呼ばれる成分の濃度で効果のある時間が変わってくるらしい。そこで持続時間が長い虫よけを調べてみました。

虫よけ 効果が長持ちするのはディートの濃度

 

Last update 2016-07-21 12:50

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

農作業をしてみて、一番きついのが夏の草むしり。暑さで何もしなくても死にそうになります。そこで気温の低い、明け方や夕方に作業をするのですが、その時間だと蚊も多いんですよね。
虫よけというか、蚊よけというか、効果が長持ちする虫除けスプレーを探してみました。
また、2015年から日本でも発売が可能になった、イカリジンも紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

長持ちの基準はディート

調べてみると、虫よけ成分はどの製品も「ディート」と呼ばれる有効成分を含んでいることが分かりました。
このディートは米軍がマラリア予防のために開発したものです。蚊だけではなく、ノミやダニ、ツツガムシと言った吸血昆虫を寄せ付けないようです。
昆虫だけでなく、ヒルなどにも有効らしいです。

ディートが吸血昆虫に有効な理由ははっきりとはわかっていないっぽい。吸血昆虫などは、人間の息に含まれる二酸化炭素を嗅ぎつけて寄ってくるわけですが、ディートはこの二酸化炭素を嗅ぎつける器官を麻痺させるという説や、ディートの匂いが昆虫が嫌うためという説などがあるようです。

で、この主成分のディートですが、日本で発売されている製品は5~12%と差があるようで、この濃度の差が効果の持続時間になるようです。濃度が高いから効果も高い、というわけではないようです。
つまり濃いほど長持ちする、ということ。
日本で販売されている虫よけでは、12%が最高のようで、ディートを12%含んでいる製品を探してみました。

ディート12%の製品

ムヒ ムシペールα

ムヒ 虫よけムシペールα 医薬品個人的に一番お勧めなのが、このムシペールα
虫よけには、主に3タイプの製品があるのですが、一般的なのが缶スプレータイプ。
このムヒ ムシペールαは、スプレーですがミストタイプなので吹きつけたあと、手で広げる事ができるのが特徴。

スプレー状腕にミストを吹き付けて、手のひらで伸ばす。という感じ。
液体はさらっとしていてベタベタする感じはありません。
ディート独特の香りはそれほど強くなく、あとで紹介するディート12%のサラテクトFAに比べると不快さは少ないかも。

ディート12g 12%虫除けスプレーのパッケージにはほぼ必ず、ディートの濃度が表示されています。
ここが12%(100g中12g)であれば高濃度なわけです。

虫よけ ムシペールα 第2類医薬品ディート12%の製品は、「第2類医薬品」に指定されているので、よくわからなければ「第2類医薬品」の虫よけを選択すればOK。
そのため、コンビニなどでは購入できないかもしれません。
基本的にディートの濃度が濃ければ濃いほど価格も高いので、高い製品を選択しておけばOKかも。

サラテクトFA

パウダーinサラテクトFA他にディート12%はこのサラテクトFA
こちらは缶スプレータイプ。
缶スプレータイプのデメリットは、風圧で成分が空中に飛び散ってしまう点。
ディートは人体に影響があるとも言われているので、吸い込んでしまう可能性があります。

ただ、缶スプレーの利点としては、服の上からも吹きつけることが出来る点。
蚊は服の上からも刺してくるので、服の上からも吹きつけることが出来るのは大きなメリットだと思います。
また大容量なのも利点です。

有効成分ディート 12%配合有効成分ディートを12%配合!
と、大きく記述されていました。

第2類医薬品やっぱり「第2類医薬品」に指定されていました。

パウダー状腕に吹き付けてみると、白いパウダーが。
サラサラした感じは暑い夏に向いているかも。
ただ、若干他の製品と比べ匂いが強い気がします。

サラテクト ウォータージェルタイプ

サラテクト ウォータージェルタイプ虫よけの3つの分類の最後は、ウォータージェル。
購入したのはサラテクト ウォータージェル
なんとなく塗りやすくて効果も長持ちしそうな気がしますが。。。

200g中ディート10g 5%ディートは5%。
なので効果はそれほどではないようです。

ジェル状手にとってみると透明のジェルでした。

塗ったあとがわからない塗ってみるとベタベタした感じがして、不快さがあったのですがすぐに乾いて気にならなくなりました。
匂いも少なく、これで濃度が高ければよかったのですが・・・。

イカリジン

ディートは健康への影響が議論されていて、一般には子供に使用する場合は注意事項があるようです。
そんな中、ドイツで開発された「イカリジン」配合の虫よけが日本でも認可が下りて2015年から発売されるようになりました。
効果はディートに比べると落ちるらしいのですが、小さなお子様にも使用できる、と、厚生労働省にその有効性と安全性が認められた成分なので、ディートの健康への害を心配する人や、小さなお子様がいる人は、こちらのイカリジン配合の商品のほうがいいかもしれません。

まとめ

夏、畑仕事や庭で車のメンテナンスをするときなどは、必須の虫除けスプレーですが、基本的に効果は抜群。
ただ、タイプによって塗りにくい場所、塗りやすい場所があって、塗らない場所は意外と刺されてしまうので注意が必要です。
一番塗りにくいのが顔で、個人的には缶スプレータイプとミストタイプの2つを用意しておいて、顔はミストタイプ。
広い面は缶スプレータイプを使うといった使い分けがいいかもしれません。

関連ページ

最終更新日 2016-07-21 12:50

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

 

投稿日:2015-06-18 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理