ゴキブリを凍らせて退治する 瞬間凍殺

ゴキブリや害虫を凍らせて退治するスプレーをいくつか購入して、どれだけ温度が下がるか比較してみました。アイスノンも。またほんとうに効果がある使い方も紹介します。

ゴキブリを凍らせて退治する 瞬間凍殺

 

Last update 2016-08-05 15:53

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

5つの冷却スプレーゴキブリやムカデなどを凍らせて退治するスプレー式の殺虫剤をいくつか購入し、実際に効果があるのか、どれだけ温度が下がるのか比較してみました。

Sponsored Link

 

凍る仕組み

スプレーすると瞬時にマイナスの温度になるのは、気化熱を利用しているため。エアコンや冷蔵庫も、この気化熱を利用して冷やしています。
一般に液体から気体へ変化するときに、周りの熱を奪って冷えます。
水は100度にならないと気化しないので、それほど冷たく感じませんが、注射をするときにアルコールで消毒すると、ヒヤッと感じたことがあると思いますが、あれと同じ原理。
アルコールよりも気化する温度が低い液体を使えば、より冷たく冷えます。

どのスプレーが最も温度が下がる!?

さて、害虫駆除や薬の世界では、他社が開発した製品をまるまるパクる(蚊取り線香とか正露丸とか)風習があるらしく、この凍らせてゴキブリを駆除するスプレーも類似品がたくさん発売されています。
そこで、それらのうちの5種類を実際に購入し、どれがどれだけ温度を下げるか比較してみました。
凍らせて害虫を駆除するスプレーは、普通の殺虫剤に比べ価格が高く、1本大体1000円ぐらいします。
なので、より少量で駆除するためには、瞬時に温度を最も下げる必要があると。

測定方法

気温34.5度気温は34.5度ほど。
この気温の中、マイナス30度まで測定できる温度計に約3秒間スプレーを噴射させ、どれくらい温度が下がるか測定してみます。

ゴキブリ凍止ジェット

ゴキブリ凍止ジェット 250mlまずは、フマキラーから発売されている、ゴキブリ凍止ジェット
250ml入っていて、パッケージにはマイナス75度まで下がるような文字が書かれています。
価格は1,000円ほどですが、ネットで探すと800円台もあるようです。
250mlというと、今回紹介する中でも少ない部類。つまり、あまりコスト的には良くない製品ということになります。

マイナス20度まで下がったなんとマイナス20度まで下がりました。
ガスが掛かった部分は白く粉状の物質が付きましたが、おそらく空気中の水分が凍ったんだと思います。
温度、風圧、ともに「並」といった感じ。

不快害虫エアゾール

不快害虫エアゾール他の製品がほとんどフマキラーから発売されている中、三菱化学園芸から発売されている製品。
やはり1,000円近い価格で販売中。

14度まで下がった他のスプレーと違い、揮発性の高いガス以外に泡状の液体も噴出されるようで、凍結と泡による窒息死を狙った製品でしょうか。
温度は14度までしか下がりませんでした。
はたしてこの温度で効果があるのか・・・は、不明。まだ実際にゴキブリや害虫駆除には使ったことがありません。

泡で窒息死泡の中央部は、空気中の水蒸気が凍ったのか、先ほどのように白い粉になっていました。

ムカデフマキラー

他の製品は主にゴキブリが対象ですが、ムカデフマキラーは、その名の通りムカデ専用。
やはりフマキラーから発売されています。
他の4つは1000円近い価格で販売されていますが、この製品は500~600円という激安(?)価格。

6度まで下がった他の製品と違い、無色透明なまま。
ところが意外と温度は低く、6度まで下がりました。
インターネットのレビューをみてみると、ムカデにはこの温度でも抜群の効果があるようです。
ムカデはどういうわけか、普通の殺虫剤が効きにくいので、このように冷却して退治するほうが効果的らしい。

それからアシダカグモのような大型のクモも、普通の殺虫剤はまったく効きません。
アシダカグモは元々タランチュラの仲間で、砂漠のような暑い地域に住む蜘蛛。
そのため、このような冷却スプレーはすごくよく効くようです。
殺さないまでも、凍らせて動きが鈍くなったところをホウキで、外に追い出す。という使い方がいいかも。

瞬間凍殺ジェット 這う虫用

瞬間凍殺ジェット 這う虫用 450ml今回紹介した冷却スプレーの中でも大本命、瞬間凍殺ジェット 這う虫用
1番目に紹介したフマキラーから発売されていますが、こちらはマイナス85度と表記されています。
回収騒ぎになったバルサンの氷殺ジェットや、冷却スプレーは基本的に引火性の高いガスを使っていて、なおかつ、空気より重い気体なので、大量に使うと床付近に溜まってしまうらしい。
そこでもっと揮発性が高いガスで一気に冷やし、少量吹き付けるだけで駆除できる用に開発されたのが、この製品らしい。
一応引火性は高いので、火気厳禁です。

マイナス35度まで下がったこちらは一気にマイナス35度まで下がりました。
実際にこの製品でゴキブリなどを退治したことがありますが、ものすごい効果があります。
たいていの小動物は凍って死にます。ただ、風圧もそれなりに強いので、ガスの勢いで害虫も吹き飛んでしまうこともあり、扱いには注意が必要。

また、人体に噴射すると、火傷のような症状になるので注意。
450mlと今回紹介した製品の中で最も容量が多く、価格は1,000円弱なので効果も高いし、コストも変わらないので最もお勧め。

片栗粉のような粉最も温度が下がったせいか、空気中の水分が凍り、片栗粉のような粉が大量に発生します。
すぐに溶けてなくなりますが、ほんとに片栗粉のよう。

氷殺ジェット 這う虫用

氷殺ジェット 這う虫用 450ml大やけどをおった事故が発生し、回収・生産中止になった元祖、バルサンの氷殺ジェット 這う虫用。
残念ながら今では売られていませんが、ブームの火付け役となった製品。
回収騒ぎによって、さらにブームに拍車をかけました。
殺虫剤は殺虫成分が入っているため、小さい子供がいる家庭やペットが居る家庭、それから台所のように食材が近くにある場所では、なるべく使いたくはないのですが、そうした問題を解決するために殺虫成分が一切含まれていない、単に冷たいガスが噴出するだけ、というコンセプトがヒットし、私も即飛びついて購入しました。ただ、1匹のゴキブリを退治するのに、5分の1ぐらいのガスを消費してしまい、ランニングコストはおどろくほど高いのが玉に瑕。
たしかこれは、2本目でとっておいたものだと思います。

スプレーした感じは、一番最初に紹介したゴキブリ凍止ジェットにそっくり。

マイナス13度まで下がったマイナス13度まで下がりました。
このへんもゴキブリ凍止ジェットと瓜二つ。
980円と価格は高い部類です。

アイスノン

アイスノン 氷結ワイドスプレー例外として、ほてった体を冷やすアイスノン 氷結アイススプレーも調べてみました。
こちらも泡状の液体が噴出されました。

泡になった泡にはメンソールも含まれているようで、冷えると言うよりは冷たく感じる。といったほうが正しいかも。

21度ぐらいまで下がった21度ぐらいまでしか下がりませんでした。

容量は133g。価格は600円ほど。
実際に私も使ってみましたが、直接肌に噴射するのではなく、タオルに吹きつけてから使用します。
ただ、すぐに暖かくなってしまうので、効果の程は・・・!?
結局1回しか使わず、そのまま放置でした。

正しい使い方

ゴキブリめがけて噴射気化しやすくするため、ガスの勢いが結構でかいです。
そのため、直接ゴキブリに吹きつけようとすると・・・
(写真のゴキブリはゴムで出来た偽物です)

風圧で吹き飛ばされてしまうこのようにゴキブリや害虫自体が風圧で吹き飛んでしまいます。
さらにゴキブリは、おしりの部分に生えた2本の風圧感知用の触角のようなものがあり、少しの風でも敏感にキャッチして逃げられてしまいます。

離れた位置から噴射そのため、このようにゴキブリから離れた位置に狙って噴出したら・・・

上から押さえつけるそのまま素早くゴキブリの真上に噴きつけるようにスプレーの口を動かし、風圧で抑えこむような感じで吹き付けます。
真上から吹き付けると、あっという間に冷気で動けなくなります。
もともと虫は冷気に弱いので、すぐに動けなくなります。
ただ、冷気だけで完全に退治しようとすると、大量に噴射させないといけないので、冷却スプレーで動きを遅くして、踏んづけるなり、叩くなりして息の根を止める使い方のほうが効果的かも。

動きが遅くなった程度であれば、暖かくなるとまた息を吹き返すので、その間に外に捨てるなりするといいと思います。

効果は?

もちろんちゃんとした使い方をすれば、バッチリ効きます。ただ、今回検証したように、製品によって随分温度の差が違うので、どうせ買うのであれば瞬間凍殺ジェット 這う虫用がベター。
はじめは遠くから噴射し、動きが止まったら至近距離(10センチぐらい)で噴射する、という方法ならほぼ100%退治することが可能です。
この状態になると、黒いゴキブリがほとんど白い粉で埋まった状態になるので、生きていてもそのまま新聞紙に乗せて、外に捨ててもOK。
私もゴキブリを見ると、飛び上がってしまうほど苦手ですが、白い粉まみれ(粉といっても水なのですぐに溶けてしまいますが)のゴキブリはそう怖くない。(笑)
それと、大型のクモやムカデ、ヤスデなどは一般の殺虫剤ではほとんど死なない(どころかなんの影響もない)ので、凍らせてダメージを与えるというやり方は効果的かもしれません。

比較

商品名 噴出温度 価格帯
瞬間凍殺
ジェット
這う虫用
450ml
-35C
700~1000円
ゴキブリ
凍止
ジェット
250ml
-20C
800~1000円
ムカデ
フマキラー
300ml
6C
500~600円
不快害虫
エアゾール
300ml
14C 1000円前後

ゴキブリや大型の虫対策として購入するのであれば、大容量でかつ噴出温度が低い、瞬間凍殺ジェットになるかと思います。

関連ページ

最終更新日 2016-08-05 15:53

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

 

投稿日:2013-08-02 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理