XServerのFTP設定

XServerでFTPを使う方法を紹介します。私はWindowsのエクスプローラーとFileZilla。そしてDreamweaverを使っています。エクスプローラーで使うとパソコン内のフォルダのように

 
 

Home  About this site  BBS  Mail  Link

 
 

XServerのFTP設定

 

 

Last update 2013/12/03 16:49

XServerに申し込んだら、さっそくFTPを使ってファイルをアップロードしてみましょう。
FTPソフトは星の数ほどありますが、私はWindowsのエクスプローラーを使用しています。エクスプローラーはFTPやWebDAVクライアントとしても使え、まるでパソコン内のファイルやフォルダのように扱えるようになるので、とってもお勧め。
ただし、ちょっと安定性が悪い(接続できません、のようなエラーが出る時がある)のがデメリット。
そんな時はパソコンを再起動すると治ったりします。
なお、「.htpasswd」なんかはDreamweaverでも開くことが出来ます。お金がある人は、そういったHTMLライターを使うのも手です。
「.htaccess」は、マイクロソフトが無料で公開しているWebMatrixで修正などが出来るので、お勧めです。

エクスプローラーでXServerのFTPにアクセス

エクスプローラーのネットワークの場所を追加するエクスプローラーをたちあげたら、「PC」を開き、どこでもいいので何もないところで右クリック。
メニューから「ネットワークの場所を追加する」を選択します。

ネットワークの場所の追加ウィザードウィザードが開始されるので、「次へ」をクリック。

カスタムネットワークの場所を選択をクリック「カスタムネットワークの場所を選択」をクリックし、右下の「次へ」をクリックします。

FTPドメインを入力「インターネットまたはネットワークのアドレス」に、XServerのFTPのドメインを入力します。
「ftp://」から入力してください。
FTPのドメインは、登録時に送られてきたメールか、サーバーのコントロールパネルの「FTPアカウント設定」→「FTPソフト設定」から調べることが出来ます。
入力が終わったら、「次へ」をクリックします。
ユーザー名を入力「匿名でログオンする」のチェックを外します。
ユーザー名のところにアカウントIDを入力します。
続いて「次へ」をクリックします。

わかりやすい名前を入力エクスプローラーに表示される名前を決めます。わかりやすい名前に変更しておくといいと思います。

完了をクリック「完了」をクリックします。

エクスプローラーでXServerのFTPを表示させたところエクスプローラーで表示させたところ。
このようにサーバー上のフォルダやファイルが、あたかもパソコン上のファイルのように扱うことが出来ます。

FileZillaの設定

エクスプローラーでFTPサーバーにアクセスしてもいいのですが、FTPクライアントでアクセスする場合、「FileZilla」というFTPソフトが使いやすくて向いていると思います。
ここではFileZillaでXServerのFTPサーバーにアクセスする方法を紹介します。

FileZillaを使う場合FileZillaをたちあげたら、右上の「ファイル」→「サイトマネージャー」をクリックします。

新しいサイトをクリック「新しいサイト」をクリックします。

ホストとログオンの種類とユーザー名とパスワードを入力「ホスト」にFTPドメインを入力します。
「ログオンの種類」は「通常」にします。
「ユーザ」に「アカウントID」を入力し、「パスワード」にXServerに登録した時に送られてきたパスワードを入力します。

入力が完了したら「接続」をクリックします。

入力情報が間違っていなければ、これで接続が完了するはずです。

どこにアップロードする?

独自ドメインのフォルダが有るXServerでは、ドメインを登録すると自動的にドメイン名のフォルダが作成されます。

public_htmlの中にサブドメインが格納されるその中に「public_html」というフォルダが作成されます。

サブドメインが格納されるサブドメインを作成・登録すると「public_html」の中にサブドメインの名前のフォルダが作成されます。
サイトを公開する時は、この中にファイルをアップロードしてください。
FTPの設定がすんだら、ファイルをアップロードする前にかならずドメインの設定をしてください。