ロリポップで独自ドメインを取得する方法

ロリポップで独自ドメインを取得してみました。画像つきで全くの素人でも簡単に取得できるように解説してみたいと思います。無料のドメインを卒業したいが、難しいことはわからない!という人は参考にしてください。

 
 

Home  About this site  BBS  Mail  Link

 
 

ロリポップで独自ドメインを取得する方法

 

 

Last update 2013/03/29 08:48

新しく独自ドメインを取得しようと思い、ロリポップで独自ドメインを取得してみました。
ロリポップでは、最低維持費105円/月でレンタルサーバーが持てるのですが、どうせならドメインもロリポップで取得してみようと。

後悔(公開?)する前に独自ドメイン

私はブログが爆発的にブームになった2005年頃、とある無料ブログでブログを公開したのですが、その後SEOにのめり込み、アクセス数が1日10人足らずから、一気に1,000人/日まで増やしたことがあります。
タグやCSSと言った高度な技術も独学したのですが、その無料ブログではタグやCSSなどは一切いじることができず、思い切って自宅サーバーを立ち上げ、無料のドメインも取得しました。
そうこうするうちに、1日のアクセスが6,000人を突破するまでの規模になったのですが、なんと!!借りていた独自ドメインのサービスがいきなり終了!
せっかくSEOなどを駆使して成長させたドメインが、一瞬にしてパーになったことがあります。
その後、いろいろなブログサービスや独自ドメインを取得して、自宅サーバーで公開していましたが、2011年3月11日の東北関東大震災によって、計画停電が行われたことを機に、有料のレンタルサーバーを借りる事にしました。
自宅サーバーの時は、セキュリティーやサーバーのアップデートなどいろいろわからないなりに、調べたりして大変でしたが、レンタルサーバーは、サーバーの運営は任せっきりなので、めちゃめちゃ楽。
しかも、無料サービスのようにいつの間にか終了する、という心配も一切なし。

SEO的にも独自ドメインが有利

今は数十個の独自ドメインを取得しているんですけれど、無料ブログサービスを使っていた頃と比べると、アクセス数の桁が違う。(笑)
なので、これから本格的なサイトを構築しようと思っている人は、はじめから独自ドメインで公開した方がいいです。独自ドメインを取得していれば、サーバー自体のサービスが終了しても、別の会社のレンタルサーバーを使えばOKですし、まぁ、私のような独自ドメインがなくなるという、超スーパー苦労を体験せずに済むでしょうし。
とは言っても、独自ドメインの取得の仕方がわからない、とか、そもそも独自ドメインって何?なんて人もいるかもしれません。

独自ドメインとは

インターネットの世界では、それぞれのパソコンや端末に、IPアドレスと呼ばれる住所のようなものが割り当てられているのですが、IPアドレスだと「123.45.67.89」のような数字とドットの表現なので、間違えやすいしわかりにくい。
しかも、IPアドレスは変更してしまう可能性もあるし、レンタルサーバーのようなサービスでは同じIPアドレスで複数のユーザ-に割り当てられてしまうことがあるため、いろいろ不具合なわけです。
そこで、ドメインと呼ばれる「 www.yahoo.co.jp 」のような意味のある英数字とドットの組み合わせでアクセスできるようにしました。
このドメインの「.jp」より前の部分を独自につけることによって、自分のドメインとすることをドメインを取得する、なんて言います。
めんどくさい手続きなどはレンタルサーバー側で行われるので、ユーザー側はドメインの文字と契約、そして料金を支払えば、ほんの数分で独自ドメインを取得することができます。

ロリポップで独自ドメイン

実際にはロリポップでは、ドメインは取得出来ません。が、子会社(?)のムームードメインという会社で独自ドメインを取得することができます。
ドメインは一度取得してしまえば、後はネームサーバーと関連付けさえすれば、後は放置でもOK。
今回はムームードメインで独自ドメインを取得する方法と、別のページで、ドメインを取得した後のレンタルサーバーの設定を紹介したいと思います。

取得したいドメインを入力まずは、ムームードメインのサイトへ行き、取得したいドメインが既にもう誰かの手に渡っていないか確認します。
例えばここでは「 tekitou 」というドメインを取得したいとします。
入力したら、「検索」ボタンをクリックします。

取得できるか、また金額が表示すると「 tekitou.com 」や「 tekitou.net 」など、色々なトップレベルドメインで、まだ誰にも使われていないことが判明しました。

各トップレベルドメインで、1年間の料金が違ってくるので注意してください。
「~.jp」のような日本のトップレベルドメインは、人気があるのか料金がちょっと高いです。
「~.mobi」というトップレベルドメインは、モバイルサイト専用となって、やはり人気が高いので維持費が少し高いです。

日本語でも取得できる続いて日本語でも取得できるか検索してみました。
「てきとう」と入力して検索。すると、4つのトップレベルドメインで取得できることがわかりました。なぜか日本のトップレベルドメインの「.jp」では日本語のドメインのほうが維持費は安いようです。

3文字以上32文字以内ドメインはなるべく短いほうが入力しやすいので、2文字のドメインを取得しようとしたら・・・。
3文字以上32文字以内という制限があるようです・・・。
ところが3文字だと、ほとんどのドメインが既に取得済み・・・。

e255にしたいくつも検索していくうちにだんだんとめんどくさくなってしまったので、「e255」という特に意味のないものにすると、「.com」以外で取得できることがわかりました。
数字のほうが割合と入力しやすいし、覚えやすいのでこれで行くことにしました。

トップレベルドメインは「.net」。

初めての申込申込のボタンをクリックすると、初めての申込か、すでにムームードメインと契約しているか聞かれました。
初めてだったので「初めて」の方にチェックを入れて「申し込みフォームへ」をクリックしました。

ログイン用のIDとパスワードを登録続いてログイン用のIDとパスワードを決めます。
パスワードとIDは、必ず忘れないように紙のメモ用紙などにメモしておいてください。

名前・性別・生年月日・職業を入力続いて、名前や性別、生年月日などを入力します。
注意して欲しいのは、名前のところにヒラガナとは別にローマ字入力での名前を入力する必要が有ること。
これは(おそらく)、ドメインを取得すると「Whois」でそのドメイン所有者を調べることが出来るのですが、その情報が日本語は使えないためだと思います。
また、所有者のデータを簡単に検索できてしまうと、プライバシーの問題で不安があるかと思います。
ムームードメインや他のドメインが取得できるサービスでは、たいてい所有者の代理というサービスを利用して、ドメインの所有者のデータを隠すことができます。(後でやり方を説明します)

郵便番号・住所・電話番号・メールアドレスを入力住所や電話番号、メールアドレス等を入力します。
これもWhoisで所有者の情報を表示する場合に必要になってくるので、ローマ字入力で入力してください。
もしかしたら、こうしたサービスは国外で運営されているのかもしれないので、ローマ字で入力しなくてはいけないのかもしれませんが。

クレジットカードで3年続いて、支払い方法と契約期間を決めます。
支払い方法はクレジットカードが一番オトク(振込手数料もかからないしポイントもつくし)だと思いますが、銀行振込なども選べます。
契約期間は、1年間から選べますが、本格的に続けていくのであれば、3年とか数年単位で契約した方がいいです。
1年もすると、契約更新日を忘れて、うっかりドメインが誰かに奪われていた、なんてパターンは、更新のし忘れが最も多いらしいです。

無料お試し申込し無料でお試し出来るサービスの候補が幾つか紹介されますが、期限がすぎれば有料になるので、ここは全てチェックを外しておきました。(おさいぽは、支払いが楽になるので、契約しても構わないと思います。無料だし)

利用規約を確認するをクリック今回は3年契約にしました。3年間分の料金と消費税が表示されます。
「利用規約を確認する」をクリックして進みます。

利用規約に同意するをチェック利用規約が表示されるので、目を通したら「利用規約に同意する」にチェックを入れ、「お申し込み」をクリック。

お申し込みが完了した申込が完了しました。

これで完了ではありません。まだ、料金の支払と、実際にドメインを取得しないといけません。

料金を支払う

メールに記載されているURLをくりっく申込が完了すると、登録したメールアドレスにメールが届くので、記載されているURLをクリックします。

お支払をクリックムームードメインのコントロールパネルが表示されるので、左側の「ドメイン管理」の中の「取得・更新・お支払い」をクリックし、その下の「各種お支払い」をクリックします。

お支払いをクリックする申し込んだドメインの一覧が表示されるので、「お支払い」をクリックします。

クレジットカード決済「決済方法」を選択し、「お支払い内容確認」をクリックします。

クレジットカード情報入力をクリック「クレジットカード情報入力」をクリックします。

カード番号などを入力クレジットカードの情報を入力します。

送信をクリック「送信」をクリック。

クレジットカードの支払いが完了支払いが完了しました。
で、これで終了ではありません。
実際にドメインを取得します。

独自ドメインを取得する

少しややこしいのですが、ここまでで

①ムームードメインに申し込みの完了
②料金の支払が完了

になりました。続いて、実際にドメインを取得します。

ドメイン所得をクリック再びムームードメインのコントロールパネルにログインし、左側の「ドメイン管理」の中の「取得・更新・お支払い」の中の「ドメイン取得」をクリックします。

ドメイン取得をクリック申し込んだドメインの一覧が表示されるので「ドメイン取得」をクリックします。

Whois情報を代理この時ドメインの所得者の情報を本人(自分)にするか、ムームードメインにするか選択します。
デフォルトで「弊社の情報を代理公開する」になっていますので、個人でドメインを運営したい人は、このままでいいでしょう。
もし、企業や個人でも広く個人名をアピールしたい人などは、自分の名前や住所を公開してもいいかもしれません。

自分の情報を公開することもできる「お客様の情報を公開する」を選択すると、申し込むときに入力した住所や名前などがWhoisで検索した時に表示されるようになります。

ネームサーバーの選択ネームサーバの選択をします。
自前でネームサーバーを所有している人や、他のサービスを利用する場合は、ここで選択します。
よくわからなければ、「ムームーDNS(弊社サービス複数利用)】のままでオッケーです。

ドメインの所得が完了これでドメインの取得が完了しました。

レンタルサーバーに申し込む

そのままレンタルサーバーの申し込みができるもし、すでに別の会社のレンタルサーバーを借りていたり、借りる予定であれば、そちらのサーバーで設定します。
が、そのままロリポップでレンタルサーバーを借りる場合は、「ロリポップ!を簡単申込!」をクリック。

申込が完了したクリックすると申し込みが完了です。
10日間、無料で借りることができるので、続いてレンタルサーバーの設定に行きます。

関連ページ