ツイッターのURL検索ができなくなったので対策

ツイッターで自分のサイトや気になるサイトがどれくらいつぶやかれているか調べることができるURL検索ができなくなったので、対策を紹介します。

ツイッターのURL検索ができなくなったので対策

 

Last update 2016-07-04 20:55

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

2016年7月に入ってからツイッターでURL検索ができなくなりました。URL検索とは、自分のサイトや気になるサイトのURLに「site:」をつけて(例:site:http://www.yahoo.co.jp )検索欄で検索すると、入力したサイトのページをつぶやきをリスト表示させることができる機能で、サイト所有者にとっては非常に励ましになる素晴らしい機能だったのですが、どうやらできなくなったようです。

Sponsored Link

 

ツイッターでURL検索ができなくなった

ツイッターのURL検索の代わりを探してみた

Yahoo!リアルタイム検索

実は、Yahoo!リアルタイム検索で検索すると、ツイッターのURL検索的な検索結果が出ます。

Yahoo!リアルタイム検索の検索欄に、つぶやかれているサイトのURLを入力します。( site: は必要ありません)
すると、このように該当サイトのページをつぶやいているつぶやきが表示されました。

Facebookの投稿も表示される感心するのがFacebookの投稿も表示される点。
Facebookでつぶやかれたか気になってたんですよね~。

自作のSNSボタン

実はちょっと前から私のサイトには、自作のSNSボタンを設置していたんです。というのも、各SNSが公開しているブログに埋め込む「このページをつぶやく」のボタンって、すごい重くてこれが原因でページ全体が表示されるのに時間がかかっていたんですよね。なのでどうにかしたいと思っていて、だったら自分で作ってしまえ、と。

自作のSNSボタンこんな感じで自作のSNSボタンを設置しています。
このボタンをクリック(もしくはタップ)すると、自作のアクセス解析プログラムにジャンプして、どのページのどのボタンをクリックしたか、などを記録して該当SNSの投稿ページに飛ばしているんです。

ボタンから直接呟ける例えばツイッターのボタン ツイッターボタン をクリックすると、このようにツイッターのページタイトル、URLが埋め込まれたつぶやき投稿ページにジャンプします。

ツイッターボタンをクリックアクセス解析ではこのように、どのページのツイッターボタンがクリック(タップ)されたかがわかるようになっています。
一応、googleやMSNのロボットもクリック(?)していくので、ロボットのアクセスはカウントしないようにしています。

弱点としては、ボタンをクリックしただけで本当につぶやいたかどうかはわからない点。これは仕方ないですね・・・。

FacebookをクリックFacebookや・・・

LINEボタンをクリックLINEなどもわかります。

詳細なアクセスログ詳細なアクセスログも見ることが出来ます。

実際にツイッターのURL検索と比較してみたのですが、ほとんどがボタンをクリックしただけで、実際にはつぶやいていないっぽい・・・。(汗)
確実という面では「Yahoo!リアルタイム検索」の方がいいですね。

関連ページ

最終更新日 2016-07-04 20:55

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

 

投稿日:2016-07-04 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理