アトピー対策の第一歩。綿のパジャマ

アトピー対策として、最も重要な要素である服の肌触り。アトピーは、アレルゲンが原因だけでなく、服の肌触りも重要です。コットンのルームウエアやパジャマなら涼しくて快適。

 
 

Home  About this site  BBS  Mail  Link

 
 

アトピー対策の第一歩。綿のパジャマ

 

 

Last update 2011/08/11 15:38

ユニクロのステテコ。綿70%ポリエステル30%私は、成人してから6月ぐらいになると急に足首がかゆくなり、じんましんのようなぼつぼつが出来てしまうのですが、気温が上がる7~8月にもなるとそれが足全体に広がり、家にいる時は常に足がかゆい状態。
足首の方は血が出る程かきむしってしまうこともあり、毎年6月になると皮膚科にお世話になっています。
ただ、皮膚科はすごく混んでいるし、出来れば行きたくないなぁ。なんて思っていたら、どういうわけか今年はほとんど足首がかゆくならない!!!
色々思い当たることはたくさんあるんですけれど、ここでその原因を紹介していきたいと思います。

私のように夏場、足がかゆくてどうしようもない!という人は、参考にしてみてください。
そして、その一つが、今回購入した綿(コットン)のパジャマです。
パジャマというか、ステテコという感じ。

購入したのはイオン

意外とすぐ、なくなってしまうみたいなので常に売っているというわけではありませんが、今のところイオンのパジャマ用ズボンが一番は着心地がいい。
で、左の画像は、7分丈のものなんですけれど、ほとんどステテコ。
丈が短い方が断然夏は気心地がいいですね。

実は、あまり肌を露出すると、逆にかゆくなっていたのですが今年に関しては、ステテコで足首を露出していても、全然かゆくならない!
うーん。やっぱり、いろいろなかゆみ対策が聞いているのかもしれない。
今後も、このサイトで私が行った対策を紹介していきますね。

コットン100%かポリエステル混じりか

綿の弱点は選択するとしわしわになることさて、ステテコには綿100%のものか、ポリエステルが30%ほど混じっているものか。がありますが、綿100%が左の画像のような感じ。
ポリエステルが混じっているものに比べ、しわが多くヨレッとしています。

拡大したところ拡大したところ。
何となくガーゼっぽいですよね。
綿100%だと、ちょっとしわが多いので見た目としてはだらしなく見えるかもしれません。
なので、完全に部屋着。
ただ肌触りは割といいです。
汗の吸収性はいいのですが、ポリエステル混じりのものに比べ、乾燥するのが遅いので場合によっては、じめっとした感じかもしれません。

こちらはユニクロで購入したステテコ。
綿70%、ポリエステル30%なので、綿100%にくらべぱりっとしていますね。
汗をかいても素早く乾燥するので、さらっとしているんですけれど、割と肌に引っかかる感じ。

綿70%ポリエステル30%綿70%。
ポリエステル30%。

拡大したところ拡大したところ。
綿100%に比べ、目が細かいような気がします。

表面がつるっとしている綿100%にするか、ポリエステル30%入りの方にするか悩むところですが、どちらも肌への刺激はほとんどないので、両方そろえておくのもいいかも。
見た目は、ポリエステル入りがいいんですけれど、履き心地は綿100%の方がいいかも。

コットンはしわが目立つたとえば、作業ズボンでも綿100%は、このようにしわが多いです。

ポリエステルはつるっとした感じポリエステル入りは、このようにしわが出来にくい。
汗をかいてもすぐに乾燥するので、夏場外で作業をするならポリエステル入りがいいかも。

まとめ

今年はこのステテコのおかげでかゆみが減ったかもしれない。
ただ、なるべく汚れたままでいないように3つ購入して、頻繁に洗濯するようにしました。
ポイントは、頻繁に洗濯する。です。

今まで夏になるとかゆくなっていたのは、部屋を不衛生にしていたせいで、ダニが繁殖したんじゃないかなぁ。と。
というのも、私はダニの死骸にアレルギー反応するみたいなので・・・。
で、掃除嫌いでした・・・。
なので、徹底的に(あくまで私のレベルですが・・・)掃除をしたり、布団を干したり、不要なものは捨てるようにしました。
その成果なのか、今年は100%ではありませんが、例年のような足のかゆみはほとんどでない。
あと、一度きれいにする習慣が付くと、どんどん続けたくなるんですよね~。
なので、自分を変える意味でも、掃除をする習慣をつけるのはいいことかもしれません。